NIH、デジタル技術の開発強化で新型コロナに対応へ

 米国立衛生研究所(NIH)傘下の国立がん研究所(NCI)および国立バイオメディカルイメージング・ビオエンジニアリング(NIBIB)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、感染者との接触の有無やソーシャルディスタンスが確保されているかなどを告知する、デジタルツールの開発を支援することを決めた。NIHが、2020年9月15日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)