協和キリン、日本発のグローバルスペシャルティーファーマに手応え

 協和キリンは2020年9月16日、オンラインによる記者懇談会を開催。宮本昌志社長は「現在新しい中期経営計画を策定しているところ」などと紹介した上で、「パイプラインを充実させてグローバルに新しい価値を提供していきたい。日本発のグローバルスペシャルティーファーマを目指して取り組んでいく」と語った。新型コロナウイルス感染症の影響を受けている部分はあるものの、第2四半期は増収増益を実現するなど、順調に成長していることを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)