高知県産ナスAChの機能性表示食品、発売は生鮮が年内、漬物が年明け

 信州大学学術研究院(農学系)の中村浩蔵准教授らが発見したナス由来コリンエステル(アセチルコリン、略称:ACh)の健康機能を訴求する生鮮食品の機能性表示食品が2020年内に店頭に登場する。次いで、生鮮食品と同じ高知県安芸郡で栽培されるナスを原材料とする漬物とサプリメントの機能性表示食品が2021年に発売される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)