米研究者、CRISPRによる免疫抑制で抗AAV抗体の産生を抑制

 米Pittsburgh大学の研究グループは、CRISPRを用いた新たなアプローチにより、マウスの免疫応答を制御する遺伝子を一過的に抑制することに成功し、抗アデノ随伴ウイルス(AAV)抗体の産生が減少することを確認。遺伝子治療がより効果的になる可能性を示した。この研究成果は2020年9月3日に、Nature Cell Biology誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)