サンバイオが脳梗塞向け開発を再開、軽症に絞り国内で

 細胞医薬の開発を手掛けるサンバイオは2020年9月15日、2021年1月期第2四半期の決算説明会を開催し、細胞医薬SB623について慢性期脳梗塞の開発を国内で再開する方針を明らかにした。米国で失敗に終わった第2b相臨床試験の結果を詳細に解析した結果、梗塞のサイズが小さい場合に有効性を示せる可能性が高いと判断したため。同時に見いだした新たなエンドポイントを用いて、第2b相または第3相の臨床試験を国内で実施して承認取得を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)