独Bayer社、デジタル創薬の米Recursion社と線維性疾患治療薬を開発へ

 ドイツBayer社と米Recursion Pharmaceuticals社は、2020年9月9日、Recursion社独自の人工知能(AI)を用いた創薬基盤技術を活用するための共同開発契約を締結したと発表した。Bayer社の低分子化合物ライブラリーと新薬開発の経験知を組み合わせ、肺や腎臓などの線維性疾患の治療薬10品目以上の創出を目指して協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)