Pfizer社とBioNTech社、新型コロナワクチンの前臨床試験データを公表

 米Pfizer社とドイツBioNTech社は2020年9月9日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のワクチンとして開発中のBNT162b2(開発番号)を、マウスとアカゲザルに投与した前臨床試験のデータが、プレプリントサーバーのbioRχivで公開されたと発表した。BNT162b2は、スパイク糖蛋白質遺伝子の全長をコードし、さらに配列を最適化した、修飾ヌクレオシドmRNA(modRNA)ワクチン。論文は、並行して複数の専門誌に投稿されており、現在査読中だという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)