J-TEC、阪大西田教授の角膜用細胞シートを承認申請

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は2020年9月14日、自家培養口腔粘膜上皮由来の細胞シートCOMET01の承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。大阪大学大学院医学研究科の西田幸二教授が開発した技術を製品化するもので、角膜上皮幹細胞疲弊症の治療に用いる。COMET01は希少疾病用再生医療等製品として指定されており、早期の承認が見込めそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)