mRNA標的創薬の米Arrakis社、リガンド結合部位同定する新技術を発表

 mRNAを直接標的とする新規低分子薬の開発に取り組む米Arrakis Therapeutics社は、RNA中のリガンド結合部位を同定する革新的な新規技術「PEARL-seq」の詳細について明らかにした。同社のHerschel Mukherjee氏らが、2020年8月17日、ACS Chemical Biology誌オンライン版に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)