米研究者、移植用臓器の老化細胞を除去し臓器の生存率を向上

 米Brigham And Women's病院の研究グループは、老化した臓器(細胞)から放出される無細胞ミトコンドリアDNA(cf-mt-DNA)を、老化細胞を排除する作用を持つセノリティクスと呼ばれる薬物によって抑制することで炎症反応を抑え、移植した臓器の生存期間を延長させた。同研究の成果は2020年8月27日、Nature Communications誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)