スディックスバイオテックと澁谷工業、唾液によるPCR検査装置開発へ

 鹿児島大学発ベンチャーのスディックスバイオテック(鹿児島市、代表:隅田泰生・鹿児島大教授)と澁谷工業(金沢市、澁谷弘利社長)が新型コロナウイルス、インフルエンザウイルスA型とB型を1つの唾液検体から同時に検出できるPCR検査装置を開発することで合意した。共同開発契約を締結して、2020年9月7日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)