筑波大発のS’UIMIN、自宅で使える脳波計でBtoBのサービスを開始

 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS:トリプルアイエス)の柳沢正史教授が会長を務めるS’UIMIN(茨城県つくば市、藤原正明社長)は、自宅で高精度な測定ができる睡眠計測サービス「InSomnograf」を2020年9月1日より開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)