Sanofi社、新型コロナ重症者へ抗IL-6受容体抗体の第3相で有意差示せず

 フランスSanofi社は、2020年9月1日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症またはより重篤な入院患者420例を登録し、抗ヒトIL-6受容体モノクローナル抗体である「ケブザラ」(サリルマブ)を200mgまたは400mg静注する国際的な第3相臨床試験で、主要評価項目と重要な副次的評価項目について、プラセボ群との間に有意差を示せなかったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)