ナノキャリアのPRDM14に対するsiRNA、医師主導治験入り

 ナノキャリア(旧アキュルナ)は、2020年9月2日、がん研究会有明病院、東京大学医科学研究所、札幌医科大学、川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)、慶應義塾大学病院と共同研究していたsiRNA医薬(SRN-14/GL2-800)について、乳がんを対象としたファースト・イン・ヒューマン試験である医師主導治験(第1相臨床試験相当)がスタートしたと発表した。同日、1例目の被験者への投与を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)