カネカ、26棟あるJT植物イノベーションセンター譲受でゲノム編集育種を加速

 静岡県磐田市にある日本たばこ産業(JT)植物イノベーションセンターの施設などの植物バイオテクノロジー関連資産を、カネカがJTから譲り受けることで両者が2020年8月19日付で合意した。8月24日にカネカが発表した。カネカは、独自のインプランタゲノム編集技術(関連記事1)と、譲り受けるJTの研究開発資産とのシナジーにより、食料課題に対するソリューション提供を加速させる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)