新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を対象に、中国Sinopharm社が開発中の、全粒子不活化ワクチンの安全性と免疫原性を検討する2本の二重盲検ランダム化比較試験の中間解析で得られた好結果が、中国河南省疾病管理予防センターのShengli Xia氏らによって、JAMA誌オンライン版に2020年8月13日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)