キャンバス、IDO/TDO阻害薬でサイトカインストーム抑制狙う

 がん領域の新薬開発を行うキャンバスは2020年8月18日、2020年6月期の決算説明会を開催した。米国で開発中の抗がん薬候補CBP501の膵臓がんに対する効果を改めてPRするとともに、静岡県立大学と共同で見いだした新規の化合物を新型コロナウイルス感染症によるサイトカインストーム抑制薬として開発を進める方針を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)