(画像:123RF)

 米Moderna社と米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)が共同で開発している、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAワクチン候補(開発番号:mRNA-1273)をアカゲザルに投与した動物実験で、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染予防効果が示された。実験を行ったNIAIDなどの研究者らは、2020年7月28日、データの詳細をNEJM誌オンライン版に報告した。

 実験では、それぞれ8頭のアカゲザルから成る3グループに、mRNA-1273を10µgまたは100µg、もしくはプラセボを、28日間隔で2回接種した。その結果、ワクチン接種群のアカゲザルの血漿には、SARS-CoV-2の表面にあるスパイク蛋白質の受容体結合ドメインを認識する中和抗体が存在していた。中和活性は、COVID-19に感染した患者から得た回復期血漿を上回るレベルだった。ID50抗体価の幾何平均は、10µg群が501、100µg群は3481だった。

 また、ワクチン接種群の個体には、細胞性免疫をつかさどるTh1細胞応答が認められた。しかし、液性免疫をつかさどるTh2細胞応答は、低いか、または、検出されなかった。他の呼吸器疾患に対するワクチンに関しては、ワクチン接種によるTh2細胞応答は、ワクチン関連の呼吸器疾患増強(ERD)と関連付けられている。一方で、ワクチンによるTh1細胞応答については、ERDとの関係は示されていない。加えてmRNA-1273は、B細胞の成熟と活性化,抗体産生を制御する濾胞性ヘルパーT細胞の反応も誘導していた。これにより強力な抗体反応が刺激された可能性があると研究者らは考えている。

 ワクチンまたはプラセボの2回目の接種から4週後に、全ての個体の鼻と肺にSARS-CoV-2を感染させた。曝露から2日後に、気管支肺胞洗浄液を採取しPCR検査を行って、肺でのウイルス増殖の有無を調べたところ、ワクチンを接種した2群では、いずれも8頭中7頭において増殖は見られなかった。プラセボ群では、8頭全ての肺でウイルスが増殖していた。また、100µg群の8頭から採取した鼻スワブからは、ウイルスは検出できなかった。ワクチン接種群の肺の組織を調べたが、炎症は限定的で、病的な変化は見られなかった。

 得られたデータは、先に公表された第1相試験の中間解析結果を補完した。研究者らは、ワクチンの接種により、肺でのウイルス増殖が抑制されれば、患者の悪性化のリスクは低下し、また、上気道からのウイルス排出も減るために、接触者の感染リスクも減ると考えている。