モダリスが上場、終値ベースの時価総額は約606億円に

 ゲノム編集技術を用いた遺伝子治療の開発を手掛けるモダリスが、2020年8月3日、東証マザーズに上場した。黒字での上場だったこともあり、初値は公開価格の1200円の2.1倍に当たる2520円を付け、終値は2230円だった。上場後、記者会見した森田晴彦代表取締役CEOは、「遺伝子治療の研究開発において、先達が困難を克服したところに、早過ぎず、遅過ぎず参入できたことが、スムーズな上場につながった」と考えを述べた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)