Save Medicalと大日本住友製薬、糖尿病治療用アプリを共同開発へ

 デジタルセラピューティクス(DTx)の開発などを手掛けるSave Medical(東京・中央、淺野正太郎代表取締役社長)と、大日本住友製薬は2020年8月3日、Save Medicalが2型糖尿病患者を対象に開発を進める疾患治療用のアプリケーションソフトウエア(開発番号: SMC-01、以下、同アプリ)の共同開発契約を締結したことを発表。また、Save Medicalは、同アプリの薬事申請に向けた第3相臨床試験を開始していることも発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)