製紙大手の王子HD、医薬品事業へ本格参入

 製紙大手の王子ホールディングス(王子HD)が、医薬品事業に参入する。2020年4月、100%子会社として、医薬品の研究開発を行う王子ファーマを設立。木質由来のヘミセルロースを高純度で精製、硫酸化したポリ硫酸ペントサン(PPS)を、ヒト用医薬品として開発する。2020年7月21日、王子HDイノベーション推進本部の横山勝本部長、同部の中冨一郎最高顧問、王子ファーマの石川稿太郎執行役員COOが、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)