伊藤忠がchromocenterと資本業務提携

 伊藤忠商事は7月13日に鳥取大学発のベンチャーであるchromocenter(鳥取県米子市、松岡隆之社長)と資本業務提携を行った。chromocenterは、鳥取大学押村光雄特任教授が発明した人工染色体ベクターの技術の独占権を鳥取大から取得し、事業化を進めているベンチャーだ。伊藤忠の出資は投資が目的ではなく、共同で事業を拡大することを目指したものだという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)