一流医学誌で相次いだコロナ論文の撤回、背景に何があるのか

 英The Lancet誌と米New England Journal of Medicine(NEJM)誌という超一流の医学雑誌に掲載された論文が、6月初めに相次いで撤回されるという事態が生じた。理由は論文の基になった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者データに疑念が持ち上がったのに対し、データの提供者が生データの開示を拒んだことによるものだ。今回の論文撤回の背景には、新型コロナの感染が拡大する中で、査読が甘くなっている事情はありそうだが、一方で、緊急性の高い内容の論文の検証にどこまで時間をかければいいのかという課題もある。Lancetを出版するオランダのELSEVIER社のジャーナル担当マネージング・ディレクターであるPhilippe Terheggen氏に話を聞いた。なお、ELSEVIER社は情報分析を専門としたグローバル企業で、2500誌以上の電子ジャーナルの他、3万9000タイトル以上の電子書籍の発行などを手掛けている。【訂正】当初、NEJMもELSEVIER社が出版するとしていましたが誤りでした。おわびして訂正します。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)