米Abbott社、神経疾患遠隔治療の患者用アプリを個人のAppleスマホに適用へ

 米Abbott Laboratories社は2020年7月23日、神経疾患遠隔治療システムの患者用コントローラーアプリ「Patient Controller」を、個人所有のApple社スマートフォンデバイスにダウンロードして使用することが可能になると発表した。米食品医薬品局(FDA)から承認を取得した。同アプリを利用した症状コントロールシステムが、数週間後には起動される予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)