米研究者、腫瘍形成初期の可塑性の高さが治療抵抗性と関係

 米Sloan Kettering Institute、米Koch Institute for Integrative Cancer Research、米Broad InstituteのKlarman Cell Observatoryの研究者たちは、腫瘍を形成する細胞が多様化する前に、一過性に可塑性の高い状態(HPCS)を経ることを明らかにした。マウスの肺がんモデルを対象とする、単一細胞トランスクリプトーム解析によって得られた結果は、Cancer Cell誌のオンライン版に2020年7月23日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)