新型コロナの重症患者に対するアクテムラ単剤の第3相は失敗

 スイスRoche社は7月29日、重症新型コロナウイルス感染症(COVID-19)肺炎による成人入院患者を対象に実施していた「アクテムラ」(トシリズマブ)の第3相試験(COVACTA試験)で、主要評価項目である臨床症状の改善および主要な副次的評価項目である死亡率の低下を、ともに達成できなかったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)