長崎大、新型コロナに経肺投与のmRNAワクチンを開発中

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しては、国内のアカデミアによるワクチンの研究開発も本格化している。日本医療研究開発機構(AMED)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発(アカデミア主導型)に採択され、COVID-19に対するmRNA吸入ワクチンの開発を進める長崎大学の佐々木均教授が、2020年6月17日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)