インドBiocon社、新型コロナに抗CD6抗体がインドで緊急使用許可

 インドBiocon社は2020年7月13日、同国内で慢性プラーク乾癬治療薬として承認されている抗CD6モノクローナル抗体「ALZUMAB」(itolizumab)について、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の致死率を低下させたとする臨床試験データを発表した。同社は7月11日、同試験結果に基づきインド医薬品管理局(DCGI)からCOVID-19を適応に緊急使用許可を取得したことを明らかにしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)