米Flagship社、独自の遺伝子編集技術を保有する米Tessera社を紹介

 100社以上のライフサイエンスベンチャーの創出・育成を手掛ける米Flagship Pioneering社は7月7日(現地時間)、遺伝子治療の研究開発を行う米Tessera Therapeutics社の遺伝子編集技術について公表した。Tessera社は、トランスポゾンなどの可動遺伝因子の仕組みを応用して、細胞の修復機能に頼らない遺伝子編集技術「Gene Writing技術」を利用した遺伝子治療の開発を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)