Cellectis社、FDAがCS1に対する他家CAR-T療法の臨床試験を差し止め

 遺伝子改変他家キメラ抗原受容体T細胞(UCART)療法を開発しているフランスCellectis社は、2020年7月6日、再発性または難治性の多発性骨髄腫患者にUCARTCS1Aを投与する、オープンラベルの第1相試験(MELANI-01試験)について、米食品医薬品局(FDA)から臨床試験差し止め通告を受けたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)