そーせいグループの田村眞一会長兼社長CEOに聞く(4)

 2019年1月に再び社長に復帰したのは、2016年6月から社長を任せてきたBains前社長時代に研究開発投資を積極化した結果、株価が急落したからだ。一時株式時価総額が4000億円を超えて、東証マザーズ上場企業を代表するような存在となった時期もあったが、赤字を毛嫌いする日本の株式市場に翻弄された。米NASDAQ市場への移行を真剣に検討した時期もあったが実現せず、日本人の経営者として返り咲くことになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)