日本初の組換え食品用香料バレンセン、厚労省が官報掲載へ

 ドイツBASF社傘下のオランダIsobionics社が遺伝子組換え微生物を用いて生産しているオレンジ香料バレンセンが近く日本で実用化される。「『Rhodobacter sphaeroides 168株を利用して製造された香料バレンセン』については、ヒトの健康を損なう恐れは無いと判断した」という旨の遺伝子組換え食品等評価書を2020年6月16日に食品安全委員会が厚生労働省に通知した。Isobionics社の日本法人であるアイソバイオニクスが2019年1月に厚労省に申請していた。





この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)