米Adaptive社とMicrosoft社、新型コロナに対するT細胞の分析データをDB化へ

 米Adaptive Biotechnologies社は、2020年6月11日、米Microsoft社と共に、匿名化した世界各国の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者から採取した検体を分析し、同ウイルスに対するT細胞の反応について、最も詳細な情報をリアルタイムに提供する世界最大規模のデータベースImmuneCODEを開設したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)