「Sanofi社は新型コロナワクチンを日本を含め世界で供給していく」

 フランスに本社を置くSanofi社は、世界全体で361億2600万ユーロ(約4兆3300億円)を売り上げるグローバルメガファーマの1社だ。うち、ワクチンの売上高は57億3100万ユーロ(約6900億円)で世界4位。世界のワクチン市場は、米Merck社、米Pfizer社、英GlaxoSmithKline(GSK)社とSanofi社の4社による寡占化が進みつつある。新型コロナウイルス感染症に対しては、多くの製薬企業やワクチンメーカーが治療薬やワクチンの開発を進めているが、日本向けの供給は確保されるのだろうか。日本法人であるサノフィの岩屋孝彦社長にインタビューした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)