AIベンチャーのElix、AIで既存薬から新型コロナの治療薬候補を複数同定

 人工知能(AI)を利用した創薬やマテリアルズ・インフォマティクス、画像認識などを手掛けるElix(東京・千代田、結城伸哉代表取締役)は、2020年6月25日、AIを利用して、既存薬から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬候補を複数同定したと発表した。同研究の成果は、査読前論文として、プレプリントサーバーのarXivで公開されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)