米BMS社と英Ubiquigent社、脱ユビキチン化酵素阻害薬の開発提携を継続

 米Bristol Myers Squibb(BMS)社と英Ubiquigent社は、2020年6月17日、Ubiquigent社の脱ユビキチン化(DUB)酵素阻害薬の創薬技術を用いた提携契約を継続すると発表した。もともとはUbiquigent社と米Celgene社との契約で、2019年11月にCelgene社を買収したBMS社が引き継ぎ、今後も創薬研究で協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)