OISTとJST、農研機構、遺伝研、イネの生殖マイクロRNAを発見

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)サイエンス・テクノロジーグループの小宮怜奈研究員らは、イネの雄しべと雌しべの発生に必要なマイクロRNA(miRNA)を特定した成果を、Nature Communications誌にて2020年6月19日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)