Pfizer社とSangamo社、血友病の遺伝子治療の第1/2相で好結果

 米Pfizer社と米Sangamo Therapeutics社は、2020年6月18日、重症の血友病Aに実験的な遺伝子治療であるSB-525(一般名:giroctocogene fitelparvovec)を単回投与したオープンラベルの多施設第1/2相臨床試験(Alta試験)の最新データが、2020年6月16日から19日までバーチャルで開催された国際血友病学会2020で口頭発表されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)