CureApp、ニコチン依存症治療用アプリが国内初承認へ

 CureApp(東京・中央、佐⽵晃太社長)は2020年6月19日、都内で記者会見を開催。佐⽵社長は、同日に厚生労働省で開催された薬事・食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会で、同社が承認申請していたニコチン依存症治療用アプリや、患者の呼気中の一酸化炭素を測定するIoTデバイスなどの承認が了承されたことを報告した。今後正式に承認されれば、疾患治療用のアプリケーションソフトウエアとして国内で初の事例になるとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)