セルソース、再生医療関連事業を不妊治療などに展開

 再生医療等の安全性の確保等に関する法律(再生医療新法)に基づき、医療機関向けに細胞や血液の加工受託を手掛けるセルソースは、2020年6月18日、2020年10月期第2四半期の決算説明会をオンラインで開催。裙本理人社長は、同社が製造している多血小板血漿(PRP)を濃縮、無細胞化後に凍結乾燥させた「PFC-FD」の事業展開などを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)