新型コロナの流行期間は人口密度と相関、名工大が解析

 新型コロナウイルス感染症は、人口密度が高いほど感染拡大や収束までの期間が長くなり、感染者数や死亡者数も増えるとの調査結果を、名古屋工業大学のグループが明らかにした。ソーシャルディスタンスの必要性が裏付けられるデータとして注目を浴びそうだ。2020年6月17日のオンライン記者会見で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)