OIST北野教授「人類スケールの脅威に研究者が共同で立ち向かう機運を感じる」

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)教授の北野宏明氏らは、世界の研究者と協力し合って新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の分子地図のデータベースの構築を開始したと、5月初旬に科学出版大手のネイチャー・シュプリンガー社のScientific Data誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)