米Lycia社、リソソームを利用する蛋白質分解誘導薬の実用化目指し創業

 米Lycia Therapeutics社は2020年6月9日、米Versant Ventures社からの5000万ドル(約54億円)を資本金に新薬開発事業を開始すると発表した。独自の創薬技術基盤「LYTACs:lysosomal targeting chimeras」を用い、がんや自己免疫疾患などを対象とする蛋白質分解誘導薬の開発を本格化する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)