金融庁、テラに対する2億2385万円の課徴金納付命令を決定

 金融庁は2020年6月11日、テラに対して2億2385万円の課徴金納付命令を決定した。納付期限は8月12日だ。6月8日に開示したテラの2020年12月期第1四半期決算短信によると、3月31日時点の現預金残高は約5億7000万円。第1四半期の売上高は前年同期より64.4%減の2000万円、親会社株主に帰属する四半期純損失は1億900万円となっており、収支がこのままで推移すると、課徴金の支払いは資金繰りにも大きく影響しそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)