CureApp、久里浜医療センターと減酒支援アプリの共同研究を開始

 CureApp(東京・中央、佐⽵晃太社長)は2020年6月11日、同社が開発した多量飲酒者の減酒を支援するアプリ(以下同アプリ)について、久里浜医療センターと共同研究を開始したと発表した。今後、両社は臨床研究を実施し、同アプリによって多量飲酒者の飲酒量を減らすことができるか評価する。CureAppは同アプリについて、現段階では医療機器として開発しているわけではないが、結果次第では、アルコール依存症などを対象にした治療用アプリの開発に応用する可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)