「今求められる医療とは何か」を問い直す、経産省と厚労省を橋渡しする官僚の江崎氏

 新型コロナウイルスは「これまで誰もが当たり前と思ってきたことを問い直すきっかけを与えてくれた」と経済産業省商務・サービスグループ政策統括調整官でありながら、厚生労働省と内閣官房を兼務する江崎禎英氏は語る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)