日本のロボット技術でPCR検査の拡充に挑む、川重出資のメディカロイド

 川崎重工業とシスメックスの合弁会社であるメディカロイドは2020年6月3日、新型コロナウイルス感染症の再拡大に備えて、PCR検査で活用するロボットを開発すると発表。医師が遠隔操作ロボットで検体を採取して感染を予防したり、PCR検査工程の自動化で24時間連続して施設を稼働させたりできるようになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)