BCGと新型コロナ、分かっていることいないこと(後編)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、日本をはじめとしたアジア諸国における死亡率の低さが注目され、その理由の一つにBCG接種の影響が指摘されている(関連記事:BCGと新型コロナ、分かっていることいないこと[前編])。今後、どのようなことが明らかになれば、BCG仮説を証明できるのか、またその知見は新たなワクチン開発にどう影響し得るのか、免疫学の大家である大阪大学の宮坂昌之氏に解説してもらった(文中敬称略)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)