フェニックスバイオ、核酸医薬関連の受託増で過去最高の売上高

 フェニックスバイオは2020年6月4日、2020年3月期決算説明会を開催した。事業の柱である、ヒト肝臓組織を持つ「PXBマウス」を用いた動物試験の受託のうち、安全性試験の需要が増えたことが主な要因となり、過去最高の売上高を達成した。核酸医薬や遺伝子治療薬などの新規モダリティに関する受託が増えたことが主な要因だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)