米Broad研など、ボストンで感染が広がった新型コロナには多様な遺伝的背景

 米Broad Instituteは2020年6月4日、米国マサチューセッツ州ボストン地区で感染が拡大している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)について、ゲノムと疫学的な解析結果についてデータを開示した。米Massachusetts General Hospital(MGH)と米Massachusetts Department of Public Health、並びにBroad Instのウイルスゲノミクスグループの研究チームがまとめた、第1コホートの中間解析結果の位置付けであり、感染がどのように広がったのかについて、一定の見解を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)